menu

研究者紹介ページ

分子化学系

中 建介

Naka Kensuke

中 建介 副学長・教授

  • 1990年04月~ 鹿児島大学 助手
  • 1996年03月~ 京都大学 助手
  • 2000年07月~ 京都大学 助教授
  • 2007年11月~ 京都工芸繊維大学 教授

所属学会: 日本化学会、高分子学会、アメリカ化学会、日本接着学会、近畿化学協会

該当するSDGs

元素ブロック開発による革新的高分子材料の創出

シリコーン樹脂の中でポリシルセスキオキサンは電子・光学用途材料として重要です。しかし、その分子レベル構造の精密制御は困難です。もし有機高分子のように分子レベル構造を自在合成できれば、従来材料を凌駕する物性機能が追求できると考えています。
私たちは官能基を2個導入した分子構造が明確な様々なかご型シルセスキオキサンモノマーを開発し、これらの重合により、耐熱性に加えて剛直性と柔軟性、または結晶性と非結晶性という相反特性を合せ持つ従来にない素材開発を行なっています。
その他の研究内容

実践的ヒ素−炭素結合生成反応開拓による有機ヒ素化学の創出
上記の研究に加えて、猛毒な亜ヒ酸から有用な有機ヒ素中間体の製造法を開発し、これらから有用な有機ヒ素材料の開発を行なっています。

研究者総覧へのリンク