menu

研究者紹介ページ

繊維学系

横山 敦士

Yokoyama Atsushi

横山 敦士 教授

  • 1983年04月~ 大阪府立工業技術研究所 研究員
  • 1991年04月~ 三重大学教育学部 助教授
  • 1988年04月~ 京都工芸繊維大学 助手
  • 1998年04月~ 京都工芸繊維大学 助教授
  • 2007年04月~ 京都工芸繊維大学 准教授
  • 2016年06月~ 京都工芸繊維大学 教授

所属学会: プラスチック成形加工学会、日本機械学会、日本繊維機械学会、繊維学会

該当するSDGs

不均質性を考慮した繊維構造体の大変形解析手法

織物は複雑かつ幾何学的な構造上、異方性で強い非線形性を示す。このような独特な変形挙動を示す織物の評価および挙動の予測は困難である。織物を用いた構造物設計において、構造物の使用される条件下を想定し、どのような影響・負荷を受けるかを考慮した設計が必要であり、織物の変形挙動の把握と予測は設計の上で有益な情報となり得る。この研究では織物の大変形領域での変形挙動の表現可能な数値解析手法の開発を目的としており、単糸そのものの不均質性に影響された変形挙動の表現可能な売りモデルの構築を行い、織物全体の変形予測手法として有用性の確認を行っている。

研究者総覧へのリンク