menu

研究者紹介ページ

材料化学系

西川 幸宏

Nishikawa Yukihiro

西川 幸宏 准教授

  • 1994年04月~ 科学技術振興事業団新技術事業団 橋本相分離プロジェクト研究員
  • 1999年09月~ 理化学研究所構造生物化学研究室 振興調整費特別研究員
  • 2002年04月~ 京都工芸繊維大学 助手
  • 2007年04月~ 京都工芸繊維大学 助教
  • 2011年12月~ 京都工芸繊維大学 准教授

所属学会: 高分子学会、日本レオロジー学会、プラスチック成形加工学会

関連者キーワード

研究者総覧へのリンク

X線CTの研究開発とX線CTの高分子材料への応用

高分子材料においては、2種類以上の高分子の混合や、繊維や微粒子の混合などによって、物性を制御する手法がしばしば用いられる。混合によって、さまざまな不均一性、すなわち内部構造が形成され、その内部構造の制御が材料の物性に決定的な影響を与える。我々はX線CTを用いることで、材料の内部構造を三次元で観察し、材料研究に役立ている。さらに画像解析を応用することで、さまざまな構造パラメータを測定し、物性との相関を明らかにする研究を行っている。
ポリプロピレン中のガラス繊維のX線CT画像