menu

研究者紹介ページ

材料化学系

髙廣 克己

Takahiro Katsumi

髙廣 克己 教授

  • 1991年04月~ 東北大学金属材料研究所 助手
  • 2000年03月~ 京都工芸繊維大学 助教授
  • 2007年04月~ 京都工芸繊維大学 准教授
  • 2008年04月~ 京都工芸繊維大学 教授

所属学会: 応用物理学会、日本物理学会、日本金属学会

研究者総覧へのリンク

原子衝突を利用した表面改質と表面分析

ビッグバンによる宇宙の誕生以来、原子衝突を繰り返しながら素粒子、原子、分子、物質、生命が誕生してきました。新元素「ニホニウム」も人工的な原子衝突から生まれたものです。私の研究室では、広いエネルギー範囲での原子衝突過程を研究しています。とくに最近では、原子衝突を利用して、自然に倣った新物質創製や表面特性改善(改質)、および表面・界面構造解析を行っています。さらに、原子衝突研究を通して自然界の成り立ちをも明らかにしたいと考えています。
 実験装置と原子衝突を利用した表面改質の例