menu

研究者紹介ページ

分子化学系

三宅 祐輔

Miyake Yusuke

三宅 祐輔 助教

  • 2011年4月~ 東京工業大学大学院 物質科学専攻 研究員
  • 2012年4月~ 北海道大学大学院 情報科学研究科 研究員
  • 2014年8月~ 京都工芸繊維大学 助教

所属学会: 日本化学会、電子スピンサイエンス学会、光化学協会、米国化学会、国際EPR学会 等

研究者総覧へのリンク

溶液中のラジカル反応機構と多重項分子の構造解明

 電子スピン共鳴(ESR)法は化学反応の過程で生じる不安定ラジカルや磁性を持つ化合物等の選択的な観測が可能であり、その構造、運動性、相互作用、反応性等、様々な情報が得られる手法です。ESR法によって有効に利用される反応のメカニズムや磁性化合物の構造を明らかにすることは、より優位な反応や磁性化合物の開発につながると期待されます。
 現在主に、光重合においてポリマーの物性に大きく影響する初期段階反応の生成ラジカルや、電解によって安定な多重項状態、光照射によって強いリン光を発する励起三重項状を示す有機化合物の構造解明を目指した研究を行っています。他に、ユニークな特性を示すイオン液体等の溶媒中において安定ラジカル溶質の運動性を評価し、特性をもたらす原因の追求を行なっています。