menu

研究者紹介ページ

材料化学系

岡田 有史

Okada Arifumi

岡田 有史 助教

  • 2000年04月~2003年03月 日本学術振興会特別研究員-DC1
  • 2003年05月~ 豊田工業大学ポストドクトラル研究員
  • 2005年04月~ 筑波大学研究員
  • 2008年08月~ 京都工芸繊維大学 助教

所属学会: 応用物理学会、日本表面科学会、日本物理学会、日本セラミックス協会、日本分光学会

研究者総覧へのリンク

表面ナノ構造の作製と走査プローブ顕微鏡による評価

走査プローブ顕微鏡を主力として用い、大別して2種類のテーマで研究を行なっている。(1)溶液法を用いた金属上での分子ネットワークの作製と応用:金表面に有機分子を含む各種溶液を滴下し、表面で分子が水素結合および共有結合で連結されたネットワーク構造を作製している。これまでに、いくつかの分子で二次元ネットワークを作製した。これを前駆体とし、グラフェン様物質に転化する方法を探索している。(2)無機結晶表面におけるナノ構造の作製と物性評価: 酸化ガリウム、スピネル、チタニア、シリコン等の半導体・絶縁体の表面における各種ナノ構造を観察し、それらの構造解析や電子物性評価を行っている。現在は特にガリウム誘起構造の酸化、および窒化ガリウム成長初期過程における表面構造の影響について調べている。