menu

研究者紹介ページ

材料化学系

木梨 憲司

Kinashi Kenji

木梨 憲司 准教授

  • 2005年04月~ Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) Research Fellow
  • 2008年04月~ Kobe University Assistant Prof.
  • 2011年04月~ 京都工芸繊維大学 助教
2019年01月~ 京都工芸繊維大学 准教授

所属学会: 応用物理学会、高分子学会、繊維学会、近畿化学協会

研究者総覧へのリンク

3次元像と放射線の可視化材料の開発

機能性色素は染料や顔料の光吸収だけでなく、分子構造を工夫することで光、熱、電場、圧力など様々な外部刺激に反応します。
私たちは、電子状態から分子設計した機能性有機・高分子化合物の合成を行い、フィルム状や繊維状に成形することで、新機能を発見しています。
現在、機能性色素を中心に有機半導体、導電性高分子や無機蛍光体も含め幅広く研究対象とし、以下の応用に向けて研究活動を行っています。
・放射線の可視化
・動的ホログラム
・油水分離膜
 有機合成、サンプル作製、デバイス化、応用まで幅広く研究