menu

研究者紹介ページ

分子化学系

山田 重之

Yamada Shigeyuki

山田 重之 准教授

  • 2008年09月~ ミュンヘン大学 アレキサンダー・フォン・フンボルトフェロー
  • 2010年09月~ 京都大学 博士研究員
  • 2011年04月~ 東京農工大学 産学官連携研究員
  • 2014年04月~ 立命館大学 特任助教
  • 2016年04月~ 京都工芸繊維大学 助教
2019年01月~ 京都工芸繊維大学 准教授

所属学会: 日本化学会、日本フッ素化学会、日本液晶学会、高分子学会、有機合成化学協会

研究者総覧へのリンク

液晶性と発光特性を兼備したフッ素系機能分子の創製

発光特性を有する液晶材料は、従来の液晶ディスプレイや有機発光ダイオード(OLED)に代わる次世代ディスプレイとして注目されている。これまでに拡張したπ共役構造を有する1,4-ビス(フェニルエチニル)ベンゼン誘導体が液晶性を示すだけでなく、液晶相・結晶相でも紫外光照射で青色に発光すること、つまり『発光特性』と『液晶性』を兼備した有機フッ素分子の創製に成功しました。最近では、多彩な発光特性と多様な液晶性を兼備した液晶性発光分子の新規開発に取り組んでいます。
研究コンセプト-発光特性と液晶性の融合