menu

研究者紹介ページ

分子化学系

箕田 雅彦

Minoda Masahiko

箕田 雅彦 教授

  • 1990年07月~ 京都大学化学研究所 助手
  • 2000年06月~ 京都工芸繊維大学 助教授
  • 2007年04月~ 京都工芸繊維大学 教授

所属学会: 高分子学会、日本化学会、アメリカ化学会、繊維学会、セルロース学会

研究者総覧へのリンク

精密重合にもとづく高次機能性材料の創製

精密重合の発展によりポリマーの精密な分子設計が可能となりました。分子の化学構造はその集合体の構造を左右し、分子集合体の振る舞いが材料のマクロな機能や特性として現れます。私は、自己組織化や外部刺激応答性を念頭に置いて、最小部品であるポリマー分子を精密に設計・合成することで、より高次の機能を持った有機高分子材料の創出を行っています。さらに、階層的表面構造を持つ材料を設計し、界面における構造最適化を通して、より高性能な有機/無機ハイブリッドの創製を進めています。
二段階の温度応答性を示すスマートポリマーの例