menu

研究者紹介ページ

分子化学系

金折 賢二

Kanaori Kenji

金折 賢二 准教授

  • 1990年04月~ 日本チバガイギー(株) 国際科学研究所
  • 1995年07月~ 京都工芸繊維大学 助手
  • 1999年05月~ ペンシルバニア大学 研究員
  • 2001年07月~ 京都工芸繊維大学 助教授
  • 2007年04月~ 京都工芸繊維大学 准教授

所属学会: 日本化学会、日本生物物理学会、日本生物高分子学会

研究者総覧へのリンク

磁気共鳴分光学を用いた生体関連物質の構造機能相関

生体関連物質(タンパク質、核酸、天然生理活性物質等)の化学構造や高次構造を核磁気共鳴(NMR)分光法や質量分析を用いて決定し、それらの作用機序を物理化学的な解析手法で明らかにしてきました。NMRをはじめとする分光法や等温滴定型カロリメトリー(ITC)などの手法を用いて、平衡定数を含む熱力学パラメーターや反応速度定数を決定して機能解析を行い、分子動力学計算や分子軌道計算などのコンピュータケミストリーにより理論メカニズムを解明しています。生体関連分子だけでなく高分子材料の構造同定や、食品成分の機能解析と高圧処理装置(~400MPa)による食品機能の改変についても研究しています。