menu

研究者紹介ページ

分子化学系

北所 健悟

Kitadokoro Kengo

北所 健悟 准教授

  • 1990年04月~ 塩野義製薬(株)中央研究所 研究員
  • 1996年04月~ 京都大学 理学部附属機器分析センター 助手
  • 1999年07月~ ジェノバ大学 文部省在外研究員
  • 2002年04月~ 京都大学 低温物質科学研究センター 助教
  • 2007年10月~ 京都工芸繊維大学 准教授

所属学会: 日本結晶学会、日本細菌学会、日本生物物理学会、トキシンシンポジウム

研究者総覧へのリンク

病態関連蛋白質並びに環境関連蛋白質の構造生物学

 細菌毒素は、「病気を起こすのに必要なすべての機能を一分子内に包含する」マルチドメインを有する超分子複合体の総称である。既にPasteurella multocida 由来のパスツレラ毒素の活性ドメインやボツリヌス菌B型由来毒素の神経毒素の赤血球凝集因子複合体、食中毒を引き起こすウエルシュ菌(Clostridium perfringens)が産生する腸管毒素などについてX線構造を決定した。
 黄色ブドウ球菌 Staphylococcuss aureus 由来のリパーゼ (SAL) はMRSAの患者から大量発現された酵素毒素である。本研究ではSALと抗肥満薬であるオルリスタットと複合体の立体構造から抗SALの阻害剤のドラッグデザインを行う。