京都工芸繊維大学産学連携協力会

産学連携協力会について

 本学は、学術研究の盛んな京都の地にある国立大学として、人材育成や課題を解決する取組みなどを通じて地域に貢献するとともに、専門分野の特性に配慮しつつ、強み・特色のある分野で世界ないし全国的な教育研究活動を展開しています。イノベーションを創出しグローバルな視点で産業基盤を牽引することができる「TECH LEADER」を養成する中核的工科大学を目指しています。

 このため、大学の基本姿勢、研究、教育、社会貢献、運営に亘って「理念」を制定し、中でも社会貢献に関しては、「優れた人的資源と知的資源とを十分に活かし、地域における文化の継承と未来の産業の発展に貢献するとともに、その成果を広く世界に問いかけ、国際社会における学術文化の交流に貢献する。」と謳っています。この理念を具現化する取組みの一つとして、地域社会、特に地域産業界の更なる発展を目的として、"産学連携協力会"を設置しています。

 産学連携協力会では、産・学・公の研究者や事業担当者の交流、科学技術に関する研修会の実施、科学技術相談や共同研究等の推進、産学公連携に関する情報発信、会員企業のインターンシップや就職に関する情報を在学生へ提供することなどを主な事業としています。

産学連携協力会について(画像)


Copyright © Kyoto Institute of Technology. All rights reserved.